衝動性について

子供

思った瞬間に行動したいのが、衝動性タイプ。周りと温度差が生じてしまいがちになるため苦労するかもしれません。

出し抜けに答えてしまう

衝動性タイプの大きな特徴です。相手から質問されると、その言葉を最後まで聞くことが困難です。思った瞬間に答えを言ってしまうので、相手が伝えたかったことをきちんと把握できていません。大勢でのやり取りの際なども、答えたいという気持ちだけが先走ってしまいがちに。

例えば、授業における先生の質問に対して、話し終わる前に手を挙げていち早く答えようとする姿が多々あるでしょう。たとえその質問を理解していなくても構わずに答える傾向が強いと言えます。的外れな答えになったり、相手の意図と反した結果になってしまうのです。
突然走る子供

順番を守れない

例えば、エレベーター。降りる人が先というのに、ドアが開いた瞬間に我先にと乗り込もうとしていませんか?また、友達とのテレビゲーム、自分の順番がくるまで待つことが出来ていますか?幼稚園や学校での整列、きちんと並べていますか?

衝動性タイプの子供は、真っ先に自分がやりたいと思うあまりに順番が守れなかったり、列に割り込んだりと、周りへの迷惑行為をしがちです。落ち着きがなく、突発的にアクションを起こすことが多々あります。

人の邪魔をしてしまう

思いついたら、それが良いのかどうかと確認しないで実行してしまいます。相手と関わりたいと思うと、その相手の気持ちを考えずに行動に移します。結果的に相手の邪魔をしてしまうということになるのです。また、相手のしていることについ口を出してしまったり、手出しをしてしまったり…。自分のやり方を押し付けることもあるでしょう。

決して悪気はないのですが、相手の深い理解が必要です。

About aya 21 Articles
文章で表現することが好きだということが高じて、ライター業という仕事に携わっています。 王様気分な旦那さま、そして3人のワラワラな子供達にアタフタしながらも、マイペースに動く自由奔放な母親です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。