子供の発達が遅いだけ?

男児

周りの子供とは、ややズレているような我が子。全然言うことを聞いてくれなく焦る母親。「この子、他の子と違うかも。」そのように感じたことはありませんか?

大変なのは自分が子育てで疲れているから…と言い聞かせるのは、まだ早いかもしれません。

子供の誕生を待ちわびる妊婦時代

妊娠したと判明した瞬間、きっとどの女性も不安と同時に喜びが生まれることと思います。子供との暮らしを想像しながら、近い未来に誕生する我が子を思っては、幸せな気持ちに浸ることでしょう。

妊娠中の悪阻やマタニティブルーなど、気分が落ち込むことも多々あります。ですがそれ以上に、産まれてくる子供のためにベビー用品を購入したり、ゆったりと時を過ごしたりと、先の明るい未来を夢見ているのではないでしょうか?

大変だけど、成長が嬉しいから

乳児

出産して育児が始まると、妊娠中の思いとは裏腹に大変な日々が待ち構えています。はじめは、オムツもオッパイも違うと泣く赤子に手を焼くことになるでしょう。それが過ぎればイヤイヤ反抗期、いわゆる”魔の2歳児”です。

自分のことよりもまず子供から―――。子育てが始まってから振り回される暮らしの中で、そのような習慣が身についているかと思います。それはとても大変なことだけど、子供も少しずつ成長を見せてくれているでしょう。

その成長ぶりに嬉しさを感じることのほうが大きいからこそ、子育ては苦には感じないのかもしれませんね。

自分の子供だけ、なにか違うとの疑念

ですが中には、いつまで経っても子育てが大変…いやいやいやいや、大変過ぎると感じる母親がいるのも確かです。

どうしてうちの子だけが、こんなに違うの?

話を聞いてくれない。スーパーでは1人で走って行ってしまう。お友達の玩具を取り上げてしまう。などと、何から何まで苦労していると感じる母親は少なからずいるのではないでしょうか?

もし今抱えている悩みが半年経ってもちっとも消えないのなら、もしかしたらその子は発達障害かもしれません。

About aya 21 Articles
文章で表現することが好きだということが高じて、ライター業という仕事に携わっています。 王様気分な旦那さま、そして3人のワラワラな子供達にアタフタしながらも、マイペースに動く自由奔放な母親です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。